ミニチュアシュナウザー ソルトとジミィーの響騒曲♪

姉弟ミニシュナ『ソルト』と『ジミィー』の事や我が家の日常などを綴る気まぐれ日記帳

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとう☆そして安らかに。。。

2014年1月19日(日)

実家の愛犬モカ(♀・MIX)が、天国へと旅立ちました

img_0817.jpg



ソルトにお祝いコメント頂いているのに、お返事遅れてスミマセン・・・。
モカに感謝と、思い出を綴りたくて・・。興味のない方はスルーしてくださいね。。。

 


3月30日で15歳を迎えるはずだったモカちゃん
今年のお正月、急に元気をなくし、休み明けを待って動物病院へ。
でも見てもらった時には、腎不全でもう手の施しようがなかった

食欲が無くなり、みるみる痩せてしまって
それでも何とかして、何でもいいから食べられる物を探し与え。
でも、せっかく食べてくれても吐いてしまう。。。

吐き気止めの薬と、栄養のある、動物用の液体の補助食品を医者でもらい
薬を溶かして注射器で少しずつ与えて、なんとか頑張って飲んでくれていたけど・・・。
とうとう。。。力尽きてしまいました

それでも足は、弱々しかったけど、最期まで歩く事が出来て
昨日は、父と最後のお散歩に行けました。

毎日時間になると、いつも父が出てくるドアの方を見て待ってたモカ。
父との散歩が何より大好きだった。
だから昨日は最後の力を振り絞って、どうしてもお散歩に行きたかったんだね。
それでも、途中で歩けなくなって、父に抱かれて帰ってきたモカの顔は
パピーのようなお顔で、とっても穏やかで、嬉しそうでした。。。



モカは母の妹の家で生まれて、私と父が人目ぼれしてもらって来た仔でした。
パピー時代は家の中で過ごし、女の子だけどとてもやんちゃで
いたずらしては怒られて・・・。

ある程度大きくなってからは、昼間は外で、夜は中で過ごしていたけど
あまり人に媚びないモカは、ある日自分から外へ出て行き
もう夜も家には入りたくないと拒絶。それからの生活は外になりました。

とても臆病で神経質な性格で、風の音に怯えて鳴いたり
時々訳も分からず、夜、暗くなると何かに怯え
夜中に鳴きだしたり、食器をひっくり返して音を鳴らしたりして
眠れないし、ご近所にも迷惑だと、父と母を困らせた事もあったけれど
その他は、とても利口で、病気ひとつしないで、とても親孝行な仔でした。

そんな臆病なモカちゃんでしたが、なぜか寝る時は無防備なヘソ天。

img_0100.jpg

体を撫でていても、急にプイッとその場を立ち去る、クールな仔だったけれど
時々、私の右手の人差し指から薬指まで順にしゃぶって
まるでミルクを吸うようなしぐさをする、おもしろい癖のある仔でした。

そんなモカちゃんも、気がつけばいつの間にかお婆ちゃん犬になり
一昨年辺りから徐々に耳が遠くなって来て、目も悪くなってたみたい。
そして去年から、少し心雑音が気になってはいたけれど
14歳の割にはとても元気が良くて
あと2年でご長寿ワンちゃんで表彰される事を、目指していたのに・・・。
年末、お正月休みに入る前に会った時までは、とても元気だったのに・・・。
あまりにも、突然すぎるお別れになってしまいました・・・。




昨夜は息遣いも粗く、とても苦しそうで、いつもの小屋にも入らずうろうろしていて
様子がおかしかったからと、玄関に入れて寝かせたそうです。
でも今朝・・・・母が起きた時にはもう、冷たくなっていたって。。。

大好きだった父に別れも告げずにひとりで逝ってしまって・・・。
でも最期まで、手をかけない、とても親孝行なモカちゃんでした。。。
すごく、すごく、頑張って生き抜いて、大往生だったと思います。

最期に大好きな父と、お散歩に行けて、よかったね。。。
寒い外じゃなくて、おうちの中で眠りにつけて、よかったね。。。

そしてモカは今日の午後1時に、ペット霊園で火葬され虹の橋の向こうへと
静かに旅立って逝きました

偶然今日は、父も母も、そして弟も時間が取れて、家族みんなで
見送ってあげる事が出来ました。
きっと、モカは自分でこの日を選んだんだと思います。

p9100075.jpg

具合が悪くなって数日間、私も父と一緒に看病する事が出来ました。
本当に、本当に、健気に、良く頑張っていました。
今朝、母から電話でモカが逝ってしまった事を聞かされました。
今日は仕事が休みで実家に行く用がなく、最期の姿に会いに行く事は出来なかった。。。
残念ながら所用があった為、火葬、埋葬にも立ち会ってあげられなくてごめんね・・・
近いうちにお花とご飯を持って、お墓参りに行くからね

モカが実家に来てから約4年間は一緒に暮らし、残りの約10年間も
ほとんど毎日会っていたから、あなたが居なくなってしまった事がとっても悲しくて
こうして思いだすと、涙があふれて止まらないけれど
今までモカがくれた、たくさんの癒しと思い出に、とても、とても感謝しています。

ありがとう、モカっちゃん。安らかに・・・。もう、苦しくないね。
虹の橋の向こうで、お友達と仲良く暮らしてね。
そして、いつか、また会おうね・・・モカちゃん!!



モカの記録、長々と読んでくださり、ありがとうございました。
コメント欄は閉じます。

| 未分類 | 2014-01-19 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。