ミニチュアシュナウザー ソルトとジミィーの響騒曲♪

姉弟ミニシュナ『ソルト』と『ジミィー』の事や我が家の日常などを綴る気まぐれ日記帳

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノミダニ講習会♪

本題の前に・・・。
この度新しくカメラを買い換えました



大雪の日に買い物に出て、立ち寄った電気店で衝動買い
新機種発売前で、かなりお得になってたのでつい

撮った画像をパソコンやスマホにWi-Fiで転送できる優れもの
画像をパソコンに取り込む作業も、いちいちSDカードを取り外さなくていいので便利~
これでうっかり、SDカードを家に忘れる心配がなくなりました

初めてこのカメラが活躍したのは、音楽仲間の結婚式でした

dsc00071.jpg

dsc00126.jpg

趣味の音楽を通して出逢った二人
仲間と共に演奏の披露もあって、心のこもった、お二人らしい素敵な結婚式でした

dsc00159.jpg

EちゃんNくん末永くお幸せにね


さて、本題のノミダニ講習会。
写真のほとんどがスライドを撮ったのもと、ちょっと気持ちの悪い画像も出てくるので
苦手な方はご注意ください


興味のない方はスルーしてね☆ 





2月23日(日)

いつもソルトとジミィーがお世話になっている病院で
ノミダニ講習会が開催されるということで行ってきました。

dsc00164_20140318223034534.jpg

ノミダニに関しては、それなりに知識は持っているつもりでしたが
今回はtoyoさんと一緒に受講して、知識を共有したくて参加しました

dsc00165.jpg

参加費は無料。嬉しいお茶菓子付きありがとうございました

まずは院長先生のご挨拶。

dsc00166.jpg

続いて講師の先生のご挨拶。
自己紹介のスライド作ってきてた

dsc00167_2014031821473921a.jpg

インドが好きでカレーが好きと言う、関西出身の明るく愉快なお兄さん
将来の夢がカレーも食べられるカフェバーだって
ぜひ、犬も店内OKにして下さいな

と、受講者の気持ちと場の雰囲気を和ませて、講習会の始まりです

dsc00169.jpg

まずはマダニの知識から。
何と、マダニは蜘蛛の仲間だって

dsc00170.jpg

私、蜘蛛が大の苦手だから、ものすごく反応してしまったよ
講師の先生にもバレてた

dsc00171.jpg

そうそう、2年前の秋にこの幼ダニが、ソルトとジミィーについて大変な事があったね

dsc00172.jpg

当時はフロントラインのジェネリックをつけていて
もし吸血されたとしても、その時点でダニは死ぬ事にはなってたけど
目の前にうごめいてる、粉のような幼ダニを見て見ぬふりは出来ず
toyoさんと二人で手分けして、ソルトとジミィーの毛をかき分けながら
セロテープで駆除しましたよ
かなり大変な作業でした

その頃はまだ、人が噛まれて死ぬなんて知らなかったけど
今世間を騒がせてる、人に対するマダニの脅威

dsc00175.jpg

そして何と、我が県にも被害報告が出てしまったと言うことでますます深刻

先日テレビで、マダニに噛まれて生死を彷徨った方が体験を話していたけど
ダニに噛まれても、痛いとか、痒いとか、全く感覚は無いそうです。
お風呂上りに奥さまに『かさぶた付いてるよ』って取ってもらったら
それが何とマダニだったと

その翌日から異変が起こって、発熱や嘔吐、下痢を起こして病院へ。
それはやはり、マダニが原因。
おそらくだけど、かさぶただと思って引っ張って取った時に
ダニの体の中の体液が人の体に逆流してしまったのかも~

これはワンコに付いた時でもそうだけど、絶対に引っ張って取ってはダメ
必ず、獣医さんや、人はお医者さんに取ってもらう方が良いそうです

そして、次に蚤の基礎知識。

dsc00177.jpg

dsc00178.jpg

実はマダニ騒動と同じ年に、蚤騒動も勃発していた我が家
当時、toyoさんの実家にはネコちゃんが居て、もしかしたら蚤がいるかもとは思っていたけど
何度も行っていて、それまではもらってこなかったのに
この年のお盆帰省の時にもらってきちゃって、これまた大騒動

蚤は潰すと卵が散らばるとネットで調べたら書いてあったので
やっぱりセロテープで捕まえて駆除。ところがこの蚤って、当たり前だけど飛ぶ
逃がしたら、家のどこかで卵産んで孵化しちゃう~って、大騒ぎしながら駆除しました

こんな風にね
(ちょっと気持ち悪いかも。苦手な方はご注意を)

dsc00180.jpg

カーペットの毛足の中に、卵や蛹、幼虫、糞がいっぱい
こんな風に家の中で繁殖しちゃうなんて、ぞっとする

dsc00181.jpg

気持ち悪いわぁ~

ノミもマダニも、知ってたとは言え、こうしてあらためて勉強すると
ますます、どうにか家に持ち込まないで済む方法はないかと思っちゃう
どうにかならないかと質問してみたけど、都会はともかく、この辺の環境だと草むらとか
庭にも畑にも、身近な所に存在していて、残念ながら絶対はないようで・・・

なので少しでもノミダニが住みにくく、繁殖しにくい環境を
作って事前に予防することが重要だということでした

出来る対策としては『薬で管理』『こまめなブラッシング』
そして『室内をこまめ掃除をする』
これしかないようです

お薬に関しては、滴下式と内服薬の2タイプがあるので
それぞれのペットに適した物を選ぶといいようです


そしてマダニは、4月、5月が一番被害の報告が多いとの事
まさに、これからの季節ですね

庭仕事をしている時でも注意が必要
なるべく肌の露出は控えて、ズボンの裾は靴下の中にしまう、とか
袖口にアームカバーを付ける、とか
首にはタオルを巻いて、マダニをの侵入を防ぐ対策をするといいようです。


約2時間ほどのノミマダニ講習会。
今回toyoさんと一緒に参加出来て良かったです
基礎知識と、お薬の種類についても共有できて、とても充実したひと時でした。

動物病院の院長先生をはじめ、スタッフの皆さま、講師の先生、ありがとうございました
また他にも勉強会があったら、参加させて頂きたいと思います





| 講習会 | 2014-03-21 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。